銀行系クレジットカードのメリットとは

クレジットカードには信販系の他に消費者金融系、交通系、流通系、銀行系などのカードがあります。


それぞれ得意不得意分野があり、ポイント還元率やポイント交換先、特典などのサービス面で異なります。



これらの中で、銀行が発行する銀行系のクレジットカードは審査が厳しいのですが、その分多くのメリットがあります。

銀行系カードのメリットですが、貯めたポイントが現金でキャッシュバックされること、銀行ATMの手数料無料サービスが利用できる、定期預金やカードローンで優遇金利が適用される場合があります。

ATM手数料が無料になるだけでもかなりお得です。他にも銀行系カードには銀行ならではの魅力があります。

メガバンク系銀行が発行するクレジットカードは、キャッシングリボ金利が低いという特徴があります。



一般的なカードはキャッシングリボ金利は年率18%が適用されますが、銀行系カードではキャッシング金利は年率14%のカードがあります。



これは銀行カードローン並みの低い金利です。

今は多くの銀行は資金の貸出先を求めているため、個人向けのカードローンに力を入れています。

そのためクレジットカードのキャッシングサービスを充実させることでも、個人向けの融資残高を増やそうとしています。
キャッシングリボ金利が年率14%台であれば銀行カードローンと同じ水準なので、お金が必要になった場合にも消費者金融や銀行カードローンに申込をする必要がありません。

銀行系クレジットカードを持つことは、大きなメリットがあるのです。