クレジットカードが紛失してしまった際に行うべきこと

今や現代人にとって欠かすことの出来ない存在となった「クレジットカード」は、レジで商品を購入する際に財布の中から現金を取り出す手間を省くことでスムーズな買い物を実現しただけではなく、商品を手に入れられることに加えお得なポイントまでもらえることでよりお得な買い物が出来るようになりました。


クレジットカードを提示するだけで受けられる割引サービスなども充実し、今では大人だけでなく若い世代でも財布に1枚はクレジットカードが入っている。



そんな時代です。
だからこそ、クレジットカードの取り扱いには十分な注意が必要となります。


インターネットショッピングが普及したことにより本人でなくてもカードを使用して簡単に買い物が出来るようになりましたから、万が一、自分の使っているクレジットカードが無くなってしまった・見当たらない場合には即刻利用を停止する手続きを行うようにしましょう。

利用停止の手続きは各カード会社のサポートセンターなどで、比較的簡単に行うことが出来ます。
サポートセンターに電話をかけて紛失したことを伝えれば、スタッフが利用停止の手続きをしてくれます。

利用停止までの間に自分以外の誰かにカードを使われてしまっていないかについても調べることが出来、使われてしまっていた場合には補償の手続きまでしてくれます。



何かあってから調べるのではなく、このような事態に備えて事前にサポートセンターの番号は把握しておくようにしましょう。