現金払いよりもクレジットカードの方がお得な理由

商品やサービスの代金を支払う際に、現金払いよりもクレジットカードで支払った方が多くのメリットがあります。
クレジット払いを利用すれば現金を持ち歩く必要がありませんし、財布の中に小銭が溜まることもありません。
銀行に行って現金をおろしてくる必要もなく、手軽に支払いを済ませることができます。最近は商品やサービスの購入以外にも、年金や健康保険料の税金関係の支払いにもクレジット払いが利用できるケースがあります。

クレジットカードは支払い手段として便利なサービスですが、節約のために利用することもできます。
支払記録が残るので、カード会社から送られてくる明細書を確認すれば毎月の支出額を確認することができます。

どこのカード会社でも決済金額に対して0.5%~数%のポイントが付与されます。

支払総額は現金決済と全く同じですが、実質的にポイントの分だけ割引料金で購入することになります。

ポイントの還元率が低いクレジットカードもありますが、ポイントの有効期限が長かったり、ポイントの使い道が幅広い場合があります。貯めたポイントが現金でキャッシュバックされるクレジットカードもあります。



クレジットカードを活用する場面ですが、商品やサービスの購入の他に電話代や電気代等の公共料金などの支払いを銀行口座からクレジット決済に切り替えることができ、毎月ポイントを貯めることができます。



クレジット決済に切り替えてもカードの利用代金を銀行口座に指定していれば、実質的に同じです。