審査が甘いクレジットカードとは

クレジットカードには審査が甘いいわれるものが多いですが。
カード会社のほとんどは審査基準の詳細を公開しておりません。


クレジットカードの審査が甘いと判断する方法として、発行会社、申し込み基準、ネット上の口コミの3つの判断ポイントがあります。

まず、クレジットカードは発行する会社によって、発行基準が大きく異なります。


一般的には、審査の緩い順番として流通系、交通系、信販系、銀行系の順番で審査が厳しくなっていきます。

しかし、いくら審査が甘いとは言っても、個人信用情報機関に延滞や遅延などの記録が残っていたりした場合には、審査に通りません。


申込基準を参考にする場合には、大概の場合には、紹介ページの下の方に小さく書き込んであるもので、ほとんどのカード会社が設定しております。


ある程度は審査基準を推測することができます。

ネット上の口コミについては、全てを鵜呑みにすると危険です。



情報の中には嘘もあれば、審査基準についても、審査が厳しく通りづらいと書いてあったのにも関わらず、現在では甘くなっているという場合もあり、その逆もまたあります。



ネット上の口コミなどは、完全に信用せず、参考情報程度に頭の片隅に入れる程度にし、中には古い情報が含まれている場合もあるため、情報をしっかりと見分けることも大切となります。

審査が甘くとも、審査なしでクレジットカードをもつことはできないし、確実に診査に通るというわけではないので気を付ける必要があります。