クレジットカードのリボ払い

クレジットカードには毎月、一定の金額だけを支払うリボ払いがあります。


例えば、毎月の支払額を1万円にすれば、3万円の買い物をしても、支払いは1万円で残りの2万円は翌月以降の支払いになります。

毎月の支払額が決まっているので、安心して買い物をしてしまいがちですが、翌月以降の支払い金額は借りることになるので、借り入れ額と金利手数料を支払わなければいけません。



クレジットカード会社によって違いがありますが、一般的に年利15%なので金利手数料が高いといえます。



ただし、1か月で返済すれば、15%を12か月で割った年利1.25%になるので、短期に返済すれば金利手数料の支払いが少なくなり、計画的にリボ払いをする分には問題ありません。



少ない金額なら長期のリボ払いでも金利手数料はあまりかからないように感じるかもしれませんが、実際はそうではありません。


例えば、リボ払いで12万円の買い物をして、年利15%で毎月1万円ずつ返済するとします。

1か月後は1万円支払い、11万円を借ります。2か月後はさらに1万円支払い、10万円を借ります。

3か月後はさらに1万円支払い、9万円を借ります。

これを繰り返して、全額返済したときには、約9500円も金利手数料がかかることになります。最近ではクレジットカード会社のホームページなどで、リボ払いによる金利手数料の支払額が計算できるので、金利手数料を計算してからリボ払いで買い物するかどうか考えたほうが良いといえます。