クレジットカードのしくみ

クレジットカードはどういった仕組みになっているのかというと、加盟店で使用した分をクレジットカード会社が立て替え払いをして、その分をあとで利用者から支払いを受けるという流れになっています。
クレジットカード会社は、加盟店から手数料で収入を得ていますので、一回払いで利息をとることができなくても成り立つビジネスモデルとなっています。



クレジットカードはこのような仕組みになっているため、借金であることになります。

借金は返済をする義務が発生しますし、支払いが遅れてしまえばかなり高い延滞利息を支払う必要性に迫られます。


また、リボ払いや分割払いの場合は利息も支払わなくてはいけません。



便利であり、借金であるという意識を持たずに利用してしまう人もいますが、それは危険です。最終的に支払うことができなくなれば、信用情報に傷がついてしまい、なおかつ強制執行をされてしまうことになるでしょう。

そのため、適切な利用を心がけるようにしましょう。

クレジットカードは、きちんと適切な範囲で利用することができる方にとってはとても便利なものです。

高額な現金を持ち歩く必要がないため安全ですし。


不正利用対策もとられているため、万が一の場合でも自分が大きな損害を被ることは有りません。
そして、WEBで明細を確認することができるため、適宜チェックすることで使いすぎも防ぐことができます。



これができない人にとっては、リスクだけを追ってしまうので、利用はやめた方が良いでしょう。