年会費がクレジットカードを選ぶときのポイントです

クレジットカードがあれば、買い物に行くときに財布に多額の現金が入っていなくても、サッと取り出して、レジで渡すだけでお会計を済ませられるので便利です。

デパートやショッピングセンターを良く利用する人は、その会社のカードがあれば、数%ほど商品を安く買えるようになるのでお得になります。
まだ作っていない人はインターネットなどから簡単に申し込めるので、出来るだけ年会費が無料のところを選びましょう。たまに年会費無料と勘違いして、初年度無料のクレジットカードを申し込む人がいますが、これは初年度のみで、2年目以降はお金が必要になるので、気を付けるようにしてください。初年度無料のクレジットカードは、正式に利用するかどうかを迷っていて、とりあえず1年だけ使ってみようかという気持ちで申し込むならOKです。
しかしそうではなく、ずっと使い続けるつもりなら、よく考えてから申し込みを行うことが大切です。

試しに1年だけ使ってみて、いまいち使い勝手が悪いと感じたら、2年目が訪れる前に解約すれば、余計なお金を払わなくても済みます。

使う気がないのにそのまま持ち続けると、年会費を支払わなければならないので、注意するようにしましょう。



クレジットカードを頻繁に使う人なら、多少の年会費を支払うことになっても損することはないでしょう。

ですが年に数回程度しか使わない人の場合は損になるので、解約することをおすすめします。

クレジットカードをお得に利用したいなら、年会費のもとがとれないと、お金を無駄にすることになります。



ゆえにもともと現金払いが多い人は有料ではなく、無料のカードを選びましょう。