60代になる前にクレジットカードを作る

クレジットカードを持つつもりなら、60代になる前に申し込むことをおすすめします。

年齢が高くなるにつれ、定年が近くなるので、クレジットカード審査が厳しくなってしまうので、遅くても50代のうちに手に入れておくようにしましょう。



60代になり、定年を迎えると、年金生活を始める人もいれば、パートやアルバイトなどの仕事を行う人もいますが、どちらにせよ、定年前の収入より少なくなる場合がほとんどです。

クレジットカードの審査は預貯金の金額を見るのではなく、定期的な収入を考慮するので、審査に受かりにくくなるのです。
定年後に収入が大幅に下がると、持ちたいと思っていた会社のクレジットカードを申し込んでも、審査で落とされてしまうことがあるので、定年前の50代に作っておくようにしてください。



若ければ若いほど、審査に有利になるので、1枚ぐらいは持っておきたいと思ったら、早めに申し込むようにしましょう。

なぜ審査に落ちやすくなるのかというと、クレジットカードで買い物をすることはお金を借りることだからです。

貸す側としては、貸したものが返って来ないのは損になるので、それだけは避けたいと思っています。


年齢が高くなるにつれ、病気などによる死亡率も高くなりますから、返済を終える前に亡くなってしまう確率が高まります。
そのためどの業者も審査が厳しくなるのは仕方がないことです。



20代~50代なら、そんな心配はいらないので、審査に通りやすくなります。
1枚でも作っておくと買い物をするときに便利なので、まだ持っていないなら、若いうちに作っておくことをおすすめします。