クレジットカードのメリットについて

クレジットカードは、アメリカ合衆国では、およそ150年もの歴史があり、一般的な決済方法として重宝されています。
日本では最近のことですが、信用問題もあるので、審査が厳しくなっていることも多く、一定の収入を得続けることができる人や、住所が存在することなどが条件となることも多いです。
そのほかには、ゴールドカードを持つためには収入が多く、会員費が高めの設定の場合もあります。



クレジットカードのシステムは、買い物やサービスを受けるための店舗が支払いを肩代わりするようになっています。後日その金額を請求されたら、口座引き落としや振り込みなどの手段で支払うことになります。


自動引き落としとする場合が多いので、お金が足りなくなる心配がある人は、限度額の設定を低めにするなど、工夫をすると安心して使用していけます。
家族カードがあるものを利用すると、収入を得ている世帯主などの支払いを前提に、専業主婦や学生でも気軽に持つことができ、家計の管理にも適しています。

ブランドや起業によってはポイントをためる機能や、電子マネーなどの便利な機能を搭載している場合もあるので、同じ店舗で頻繁に利用する人は、その店舗などの独自のものを所持すると、様々な優待を期待することもできます。リボ払いやボーナス払いなどを利用することで、急な冠婚葬祭などに対応することもできます。



また、用途に応じて複数枚所持する人も増えていて、現金をたくさん持ち歩かない人からもクレジットカードは注目されています。