クレジットカード払いならポイントが貯まる

クレジットカードを使うメリットとして代表的なのがポイントが貯まるということです。

だいたいどのカードでもポイント制度があって、買い物金額の1%くらいがポイントとして付与されます。

現金で払えば当然ポイントはつかないので、その分オトクということになります。



ただ、たかが1%くらいならべつにいらないと思う人もいるでしょう。



しかし、塵も積もれば山となるで、1%といえども継続していれば馬鹿にできない金額になってきます。



例えば1年に50万円分クレジットカードで買い物するとしたら、1%だと5000円になります。けっこう馬鹿できない金額です。
しかも現在、カードが使えるシーンはどんどん拡大中です。携帯電話の支払い、公共料金の支払い、ガソリンスタンドでの支払い、コンビニやスーパーマーケットなどでの日用品の買い物、インターネットショッピングなどなど、ほとんど何でもクレジットカードでお買い物できるようになってきています。


むしろ積極的にクレジットカードを使っている人にしてもれば、現金支払いのシーンの方が少なくなりつつあります。そんなカード払いが増えている現状では、カードでの支払い額は相当なものになります。
可能な限りクレジットカード払いにすれば、1年に100万円・200万円くらいの支払額になる場合もあります。

そうなるとポイント数も万単位になってきますから、本当に馬鹿にできない数字になります。


頑固に現金払いに固執せず、カード払いに切り替えるのがオススメです。