クレジットカードの使い過ぎを防ぐ方法について

クレジットカードは非常に便利で、尚且つ現金よりもお得に買い物できるケースも多いので、私たちの生活に欠かせない存在です。

手持ちのお金がたとえ少なくてもカード払いならば、支払いを先延ばしにすることで欲しいものをその時に手に入れることが出来ます。
カードを提示するだけで受けられる割引サービスなども最近では至る所で行われていますから、カード所有者にとっては嬉しいばかりです。

しかし、クレジットカードはお金のやり取りが購入時の場面で実際に無い分、自分がいくら使っているのかを自覚しにくいという特徴もあります。
この部分についてもきちんと把握したうえで、自分に合った対策を取らなければいけません。



例えば、最近多く見かけるのが買い物の際にレジスタッフから渡されるレシートを受け取らない行為。

カード払いの場合は金銭の直接的なやり取りが無い分、レシートといういくら使ったかについて書かれた紙がとても役立ちます。



それなのに、それを受け取らないでいたら、自分でいくら使ったかの自覚をすることが出来ません。レシートを受け取るようにするだけでも意識はだいぶ変わるでしょう。


もう一つの方法としては、小まめにカード明細をインターネットサービスなどで確認する方法が挙げられます。レシートはゴミになるから貰いたくないという人や手軽にすぐ確認したいという人には、この方法が最適と言えるでしょう。



どのような対策を取るにしても、クレジットカードを使いすぎないよう注意しましょう。