クレジットカード会社の利益は金利と手数料です

クレジットカードを利用すると分割と一括の両方から支払い方法を選択することが可能ですが、分割払いにした場合には金利が必要になります。
クレジットカードを発行している会社は金利で利益を出していますが、一括払いにした場合には金利は一切かかりません。

しかし、これではクレジットカードを発行している会社にとっては利益がありません。



ですが、クレジットカードを利用可能にするためには、各お店などがクレジットカード会社と契約をする必要があります。利用者がカードで支払いをすると必ず手数料が必要となるために、手数料で利益を上げています。

カードを利用した場合の手数料は利用者側ではなく、各お店が支払っています。



手数料がかかるためにお店側が損をするように感じますが、メリットもあります。



カードを使えるようにすることによって外国人の利用が増えるために、観光地には欠かすことができないシステムでしょう。

現金で支払った場合には現金の管理が必要になりますが、カードの支払いの場合には現金の管理をすることを省くことができます。
手数料は各会社によってある程度は設定されていますが、手数料を減らすために交渉することもできます。

ですが、実際には交渉することができないと思っている経営者もいますが、大企業になると交渉をする専門部署がある場合があり、経営を上手くするためには交渉は欠かすことはできないでしょう。

交渉に応じない企業もあるために必ず交渉ができるのではありません。